書評

書評『病気にならない 白湯 健康法』(蓮村誠 著) で白湯の良さ再認識

@handsan_meですこんにちは。

白湯を毎日飲んでいます!

白湯、白い湯と書いて、「さゆ」と読む。なんとも不思議な名前の飲み物です。

僕は、毎朝1番に飲んでいます。ティファール的な(うちのはラッセルホブスの電気ケトル)もので、お湯を沸かし、それを水でぬるくして飲む。これが朝の日課。

でも、本来の白湯はやかんで100度まで沸騰。さらに、10〜15分そのまま沸かし続けるとのこと。ガス代もかかるし、ちょっと面倒ではある。現時点ではここまでやろうと思えていない自分がいる。

どんな沸かし方したって
成分は一緒でしょ?

一緒です。でも、飲んだときの喉の感じや、水の軽さが違う!と蓮村さん談。さらに「正しく沸かした白湯は、体が持つ本来の機能を取り戻してくれる」とも書かれている。

飲んだ時の口の中の水の感覚。これはちょっと感じるところがある。電気ケトルで沸かしたお湯は、ちょっと口の中でひっかかる感じがする。やかんでしっかり沸かした物を飲んでいないので、違いが書けないが悔しいが。

↑これに関しては、試して後述します。→試しました。確かに違った!やかんで沸かしたお湯の方がなめらかで飲みやすい。

何に効くの?
本当に効くの?

便秘、冷え性、睡眠障害、不安、うつ、など。白湯を飲むだけで、さまざまな効能が得られるとのこと。体重も落ちるし、ジャンクフードも食べたくなくなる。

なんて、にわかには信じがたいことも書かれていますが、ここ何年も白湯を飲み続けている僕には、少し心当たりがあるかもしれない。運動をしているわけでもなく、体重は増えず、ある程度のところをキープしている。

同じくらいの身長の人と比べても、だいぶ体重は少ない方だ。お通じはいいし、肌の調子も昔と比べたら劇的に改善された。

白湯だけのおかげなのかはわからないけれど、とにかく色々と当てはまっているから面白い。

飲めば飲むほどいいのか?

一日の摂取量は多くても800cc(コップ5杯)程度がいいとのこと。これ以上飲むとかえって胃腸の負担になるのだとか。

これを知ってから、ちょっと意識して白湯を飲む量を調整しています。朝、一気に2杯飲むことも多いので、そうなると1日で飲めるのは、あと3杯です。

ただ、白湯に限ったことなので、水とか飲めばいいんですけどね。

さらに、メンタル面にも影響が

体調にいいというのはお話ししたけれど、精神面(メンタル)にも、とてもいい影響があるとのこと。
やる気が湧く、悩みがなくなる、不安がなくなる、無駄な緊張をしない、部屋も綺麗に片づけられる!←本当に!?イヤなことをはっきり断れるようになる。なぜ?

簡単に言うと、体の代謝が良くなることによって、健康になり、さらに、体内が浄化されて、体内から力が湧いてくるので、いろいろなことを判断したり、行動力が生まれたりするということみたいだ。

まとめ

白湯を飲んだだけで、全てが全てこんなに簡単に上手くいくとは思わないけれど、ただ、飲むだけでこんなにいいことが起こる可能性があるのなら、飲もう。

そして、今までよりも「いい白湯」を飲み続けてみたいな。と思ったのでした。やかんで沸かしてなくても、飲まないよりは飲んだ方がいいみたいですけどね。

なので、力を抜いて、白湯習慣を持続していくことを、ここに宣言したいです。

Have A Nice Day

 ライティング・編集:岡本イヅル