家具は一度買ったら寿命が尽きない=一生一緒に過ごすパートナーだ

@handsan_meですこんにちは。

今日は、大須の素敵な家具屋 HARVA LEHTO  さんで一日出店でした。家具職人さんといろいろと話をしている中で、家具ってなかなか買い変えないですよね?という話が出たので、その後僕なりにいろいろ考えてみました。というお話し。

家具は壊れない限り寿命が尽きない

こだわりのある家具職人さんなら「簡単には壊れない家具を作りたい」と言う人が多いだろう。ただ、家具は壊れない限り寿命が来ない。そして壊れにくいから一生モノと言える。良い職人さんが作る家具は特にそうだ。
ただ、ある程度の家具は基本的に壊れにくい。家具とはそういう分類のモノなのだ。でも、壊れにくいモノは買い換えにくいので、間違ったモノを買ってしまった場合、それはとてもやっかいだ。

とりあえず買いが一生モノになる危険性

例えば、何がやっかいかと言うとこうだ。
“突然引っ越すタイミングが来てしまった時”とりあえずの間に合わせで買ってしまった安いダイニングテーブル。その時は使えればいいと思って買う。でも、実際のとことは、あまり気に入っていない。気に入っていないにもかかわらず捨てられない。それは何故か?壊れていないからだ。まだ使えるからと言ってそのまま使い続けてしまう。これがやっかいだ。やっかいだし、残念だ。とても。

何十年も使うのだから、少しは我慢したらいい

やっぱりずっと使うモノは値段が少し高かろうと、本当に好きなモノを選ぶ方が断然良いし、断然オススメだ。だから、突然引っ越しても間に合わせで買わず、なかなか良い物に出会わなくても焦らないでほしい。テーブルだったら、納得いくモノに出会うまで、段ボールでもなんでもいいので、代わりに使って一時的にしのいでほしい。そして一生付き合いたいモノに出会ってから家具を家に迎え入れてほしい。
職人さんが心を込めた家具は一生モノになりえるモノだから。こだわって、細部にまで気を使って制作されたモノは他と比べられない良さがあると感じる。HARVA LEHTOさんには、そんなこだわりの詰まった一生持ってもいいと感じさせてくれる家具があるので、ぜひ一度見に行ってほしい。

まとめ

職人さんが心を込めて作った家具は他にも様々なモノがある。これを選んだら正解だというモノはない。だから、素材や色、カタチの雰囲気など、自分の好みに合ったモノに出会って、一生一緒に過ごすパートナーを選んでほしい。なんだか結婚相手を探すような大袈裟な言い回しかもしれないが、それぐらいの気持ちで大切な家具を迎え入れてもいいだろう。
そして、そのパートナー達と、素敵な毎日、Have A Nice Dayな日々をおくってほしいし、自分もそんな日々をおくりたい。
家具選びって自分の本当に好きなモノ、これから生きていきたい生活スタイルを知ることができる素晴らしい時なので、そう、めんどくさがらずに、とにかく楽しんでみたらいいじゃない!ってね。
Have A Nice Day

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です