僕のパンツは5枚のみ。自分にとって必要な量は?

@handsan_meですこんにちは。

唐突ですが、僕はパンツを5枚しかもっていません。(写真は矢場町のセレクトショップpelicanで買ったお気にいりの靴下です。)

整理する前は、倍以上あったパンツ。でも、実際にはそんなにいらないよね。と気づいたので、今日はそんなお話しと自分にとって必要な量の導き出し方を考えてみました。

洗濯回数から導き出す必要量

うちの奥様は洗濯が好きなので、隙あらば洗濯機をまわしています。1日1回は必ずですが、日によっては3回。そこまでいくと多過ぎるとも思うのですが、、、。

洗濯を毎日してもらえるということは、今日着たモノも、明日には乾いている。となると、絶対に必要な量は2枚。たった2枚だ。雨の日は洗濯できないことも考えて予備で1枚の3枚。

旅行日数から導き出す必要量

1泊2日の旅に出たら、今日、明日、帰宅後の次の日のことも考えて、3枚は必要となる。2泊3日なら4枚、3泊4日なら5枚。それ以上になるなら、旅の途中で洗濯しましょ。旅行や出張に行く頻度にもよりますね。

モノの耐久性から導き出す必要量

2枚を常に交互に履く。それもあり。ただ、傷みも早い。3〜5枚をストックしておき、ローテーションさせることによって、一度買ったモノをいい具合の時期に買い換えることができる。例えば1年に1回。

パンツの量よりも重要なもの

そう、パンツの枚数を導き出してきましたが、それよりも、服や靴。はたまた食器。こちらの方が量的にも多いし、かさばる。これも必要量から見直してみると、完全に持ちすぎていることがわかる。

パンツと違って、シーズン毎に着るモノが違ったり、配色パターンや素材の違い、上下の組み合わせなどなど、いろいろと考え出すとどうしても服は増えがちですね。

いいモノを少量持ちたい

整理収納をすると、モノと向き合う機会が増える。モノの用途は基本的に限定されている。例えばシャツ。

ユニクロで買っても、ギャルソンで買っても、シャツはシャツ。デザインや品質の違いはあれど、コートでもなければ、ダウンジャケットでもない。シャツはシャツなのだ。ただ、どちらのシャツを選択し、所有するか?というのは、人によって異なる。

整理収納をしはじめて、モノの少ない生活を目指している僕。できれば自分の好きな、ちょっとこだわったモノを身につけたいと思う。それが、値段的に高価でなくても、自分のお気に入りであったらいい。ユニクロでも、無印でも。

自分の量を知ることによって得られる変化

必要な量やモノは、人によって違う。

ただ漠然とモノを所有するのではなく、自分にとっての必要量を見つけて、それ以上は持たない。持たないことによってできたスペースのゆとり。スペースが広がった事によって心のゆとりが生まれる。

さらに、所有しているモノを大切に扱うことができるようになる。それもこれも、整理収納をしていく中で気づかされたいい効果。これからも日々整理を。

Have A Nice Day

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です