理想の住みか(理想の自分)ありますか?「整理収納8つのステップ(3)」

@handsan_meですこんにちは。

ステップ3は、「整理の狙いを明確にする。」前回(自分にとって、必要?不必要?「整理収納8つのステップ(1-2)」)で書いた続き。

そう、やみくもに掃除を始めるのではいけません。今までの認識では「整理」=「部屋をすっきりさせること」のように考えている方が多いと思います。一次的にすっきりして使い易くなるので、それはそれでいいのですが、本当の目的はそこにとどまりません。

狙いをしっかりと決めて整理することにより、継続的にすっきりとした状態が続き、二次的あるいはその先まで変化が現れます。整理する前に狙いを明確にすることは、今後のステップにとっても、とても重要なのです。

具体的にどのように明確にするのかはこんな感じです。

「効果」から整理の狙いを明確にする

狙いを決める手助けとして、整理がもたらす3つの効果から考えるのがオススメです。

「時間的な効果」を優先するなら、動作・動線をしっかりと考えて、なるべく合理的にモノを最短ルートに置くのがいいかもしれません。

「経済的な効果」を実感したれば、探しモノを無くして、2度買いや、無駄買いを防ぐことも必要です。

「精神的な効果」でいえば、子どもを中心とした部屋作りにする。飾り棚に趣味のモノを並べて、自分の好きなモノが常に見える状態にする。など、切り口はいろんなところにありますね。

どれを優先するかは、人によって様々ですし「時間的な効果」「経済的な効果」「精神的な効果」は重複していることも多々ありますので、1つに絞らないといけないわけではありません。

各々がさまざまな角度から仮説を立てて、自分がこんな部屋に住んだらこうなれるかもしれないな?なんて自分の理想を思い巡らせ、狙いを見つけることができるといいかもしれません。

「整理の狙い(人生の狙い?)を明確に」まとめ

整理をしても満足できない原因は、整理の狙いが明確になっていないから。これに尽きるかもしれません。

ちょっと考えてみると「狙いを明確に」する。これって、整理収納だけの話じゃなくて、自分の仕事への向き合い方とか、何のために生きていくのか?みたいな事だって同じなのかなって。

こうなりたい!って思って進むか、進まないか。そんなの無くて、漠然と好きな事をして生きていきたいというのも全然いい。考え方は人それぞれだと思う。ただ、描いた未来へ、狙いを明確にして進もうとする人は、夢を叶えやすいのかなーっと、思ったりもします。

なんて、ちょっと話が大きくなってしまいましたが、次回は、ステップ4「狙いからグループ分けする」というお話しを。

Have A Nice Day

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です