美文字と美部屋 handsan.me

@handsan_meですこんにちは。

3週間振りと、とっても久しぶりのブログになってしまいました。その間に、いろんなイベント出店やら、ギフトで幸せのお手伝いやらと、おかげさまで忙しくしておりました。

そんな中でも、家を日々綺麗に保ちたい。その気持ちは忘れずに、できることからコツコツと掃除したり、片づけしたりしていました。

片づけする時間があるならブログも書けたのでは!?なんてツッコミが聞こえてきそうですが、そこはサラッとスルーして、久しぶりのブログを書こうと思います。

美文字を目指して

先日、これまで参加したい思いながらできていなかった、shodo-cafeさんのボールペン字教室に参加することができました。字って綺麗に書きたいのになかなか書けないですよね?と思うのは僕だけでしょうか。

美文字のポイント

ゆっくり書く。
お手本をしっかり見る。
その他にも、ペンの持ち方や、筆圧のかけ方などの具合でも変わるようだ。
ふむふむ。

実際に指導を受けてみて

普段、どれだけ自分がせっかちで、早く字を書こうとしているかが浮き彫りになった今回。そして、ゆっくり時間をかけて、丁寧に書けば、けっこう上手く書ける自分も発見できました。

ただ、それを普段の生活に落とし込んで、継続的に続けることができるかが、最大のポイントだと思ったのでした。

美文字と美部屋

さて、時間をかけて綺麗な文字を書くことと、部屋を綺麗に保つこと。この2つには共通する部分が存在すると思いました。例えばこんな感じ。

時間をかけて丁寧に書くことが面倒。
  =時間を使って部屋を片づけることが面倒。

普段の自分は、せっかちで綺麗な字が書けない。さっきも言ったとおり、ゆっくりと丁寧に書けば書けるはずなのだ。でも、それができない。

部屋の片づけをする時にも同じような理由が存在する。

せっかちで面倒なことは後回しにしてしまい、片づけができない。片づけをしようと思った時、そのほんの少しの時間でもやる気を出せば、部屋を綺麗にすることができるはずなのだ。

美文字か、美部屋、どちらを先に?

どちらも平行して進めたらいい。それが一番良い。けれど、僕はまず、美部屋を目指そう。綺麗で探し物のない部屋を実現できたとき、時間に余裕ができて、心にも余裕ができて、字をゆっくり書くことも苦にならない。

そしたら自然に字も綺麗になっていたなんて、良い効果が期待できそうだ。

11月もまだまだイベントが続くので、モノの出入りがとっても多く、片づけの時間も取れないので、なかなか綺麗にならないのだが、隙間時間を見つけては、片づけせねば。がんばろ。

Have A Nice Day

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です