結婚式列席の準備は30分で  |  HAND LIFE LABO

handsan_meですこんにちは。

先週末、結婚式で京都へ向かいました。
向かう新幹線の中で、ふと思ったことを書き留めたので
こちらへ書いてみたいと思います。

前日は遅くまで、近所の自営業の方々と近くの公園で夜ピクニックをしていたので、あまり準備に時間がかけられませんでした。

結婚式列席の準備

結婚式に参加するとなると、準備ってそれなりにいろいろとあるのかな?と思いながら、それぞれに時間がかかる部分とかからない部分を検証してみます。

・ご祝儀の準備 10分

・ご祝儀袋に筆ペンで表書きを書く
・中袋の表面に金額を書く
※旧字表記が正式とされている 例)金参萬円
・中袋の裏面に住所と名前を書く
・新札を入れる
・諭吉さんが表面にすぐ出てくるような向きで

けっこうルールがあります。
知っているとすぐですが、知らないと調べながらで時間がかかります。
ちなみに僕は妻に書いてもらったので0分。

ただ、銀行ATMでお金を下ろしに行く時間も必要ですね。

ご祝儀袋、筆ペン、ふくさ、結婚式用バックなど、一式でグループ化しておくと、準備がスムーズです。

・洋服の準備 10分

基本はスーツでしょう。
僕はスーツでなく、整理収納アドバイザースタイルで行きました。

白シャツ+上下黒+ベレー帽

玄関でお見送りをしてくれる妻に「え?それカジュアルすぎない?」とツッコミを入れられて、一瞬迷いが生じましたが

時間もなかったので「大丈夫でしょ。」と伝えて家を出ました。

実際に、式、披露宴共に、全然問題ありませんでした。

服装うんぬんよりも、お祝いする気持ちが一番大事!だと勝手に思っています。

・新幹線の準備 10分

新幹線は準備といっても、ただ時刻表を調べただけで、実際には自動券売機で自由席を取って、サッと乗り込んだだけなので、全く問題ありませんでした。

結婚式列席後
式場を後にする前に紙袋を返却した

式後、久しぶりに合う大学の友人達と街をブラブラしましたが、引出物の袋の大きさと重さ。これはかなりかさばります。

僕はというと、式場を後にするタイミングで、袋から荷物を出し、あまり荷物の入っていないリュックの中に入れることができました。

入れたのはこのあたり
・カタログギフト
・引き菓子
・縁起物
・お見送り品

これらが入っていた紙袋は、家に持って帰っても捨ててしまうだけなので。その場で式場の方にお返ししました。

さらに言うと引き菓子も、入っていた箱から出して箱を捨ててしまおうか悩みました。

しかし「奥さんが開ける楽しみを取っておいた方がいいよ。」と友人から助言をもらい、箱のまま持ち帰ることにしました。

友人達は、式後〜二次会・三次会・帰宅まで。スーツ姿に引出物の紙袋を持ちながらで大変そうでしたよ。

引出物制度は、今後いろいろとミニマル化されるかもしれませんね。

まとめ

話はちょっとそれましたが、前日は準備に追われて遅く眠る。

なんてことをせずに、早く寝て、体調万全で結婚する友人をお祝いする。

それが一番ですね。

Have A Nice Day

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です