整理収納

捨てられない服を手放す5つの方法

ニコール
ニコール
服が捨てられずに溜まる一方です。どうしたら捨てられるようになりますか?
ハリソン
ハリソン
捨てられる人になるために、5つの方法をお伝えしますので、ぜひあなたも捨てられる(手放す)ことができる人に生まれ変わってください。

handsan_meですこんにちは。

一番捨てられないモノの1つに「服」があります。
特に女性は悩んでいる方が多いです。

そこで、整理収納アドバイザー目線で、
「服」を捨てられない問題に対して、
お答えしたいと思います。

なんで服が捨てられないのか?

・「もったいなくて捨てられない」
・「いつか着るかもしれないと思って捨てられない」
・「高かったから捨てられない」
・「思い出の服で捨てられない」

捨てられないには、様々な悩みがありますが、
5つの解決方法をお伝えします。

01
手放す=捨てる(ゴミ)ではない

まずは気持ちの部分から整理を行ってください。

捨てるという行為自体をネガティブに捉えずに、
手放すという表現に変換してほしいのです。

整理収納セミナーでも度々お話ししているのですが、
「モノの幸せを考えてあげる」という視点が重要です。

ニコール
ニコール
「モノの幸せ?」ちょっと話が難しいのですが、どういうことですか?
ハリソン
ハリソン
自分が使っていないモノを”捨てる”のではなく、必要としてくれている人の元へ届けるのです。それは、ゴミとして廃棄するという考え方とは別物で、モノを活かしてあげていると言えます。

自分に着てもらえていない服の幸せを考えて、
その服を着てくれる人の元へと届けてあげる。
そう考えることが、手放しやすくする1つ目の
とても重要なポイントです。

02
全て、着て、見て、判断する

クローゼットを眺めて捨てられないなと思っている服、
眺めるだけでなく、まず着てみてください。

そして、着た自分を全身鏡の前で見てください。
さらに、スマホで全身写真を撮って、見てください。

想像していた以上にダサイ自分が
写っているのではないでしょうか?
自分の理想とはほど遠いはずです。

もっとわかりやすいのは
それを着て外出してください。

どうですか?
それを着て、街に出たいですか?

片付けで有名な”こんまりさん”の言葉を借りるなら、
その服を着た自分に”ときめき”ましたか?

すぐにでも着たいと思えないのならば、
潔く手放しましょう。

03
1年着ていないモノ
1年選ばれていないモノ)を手放す

日本の1年には四季があります。
1年間着ずにクローゼットから動かなかったものは
今後も出番が回ってくることがないのではないでしょうか。

僕は、着ていなかった服のことを
このようにとらえることがあります。
「1年間選ばれなかった服」と。

例えば、
春のシャツ、夏のT-shirt、
秋のカーディガンやカバーオール、冬のコートやダウン
それぞれに、何着か持っていると思います。

毎日服を選ぶ時に、何かと何かを比較する。
シャツの中から、その日着たい1枚を選ぶ。

1つの季節に90回選ばれるかもしれないチャンスをもらいながら、
一度も選ばれなかったシャツ。日の目を見なかったシャツ。
そのシャツに選ばれる未来は残されているのか?

色んなシチュエーションの度に、候補に上がりつつ、
毎回、選ばれなかったとしたら、
よほど選ばれない原因があります。

色、形、流行、他のアイテムとの合わせやすさ、
はたまた、自分の体重の変化など。
そんな様々な理由から選ばれなかったのです。

1年間着られ無かった服はもう2度と着ないので
こちらも潔く手放しましょう。

04
思い出はモノで残さずに
記憶とデジタルデータで残す

思い出は、モノが気持ちと結びついているので、
なかなかやっかいです。

例えば、子供が最初に履いた靴、最初に着た服。
購入したウエディングドレスや、成人式の振り袖など、
捨てられない方が多いと思います。

そんな時、なんの為に残してあるのか?
それを考えてみてほしいのです。

思い出は”キレイな記憶”として残っているかもしれませんが、モノを残しておかなくても思い出せるはずです。
記憶の中に残しておくか、写真を撮ってデータで残す。

モノで取っておいても出してくることってないですよね?
モノを引っ張り出すよりもデータの方が、
むしろ見る回数が増えるはずです。

しかし、例外もあります。
取っておくための理由がハッキリとしているモノです。

ウエディングドレスや振り袖など、
娘に着せたいと思って取ってある場合です。
この場合、残しておくという判断をするのも
やむを得ません。

しかし、この場合にもルールはあります。
しっかりと保管期限を決めて、
ちゃんとした保存方法で保管してください。
この場合の期限は、娘が結婚する時となります。

ちなみに、娘が
「お母さんが着たウエディングドレスを私も着たい!」
となるかどうかはわかりませんので
着たくないと断られた場合には、
すぐに手放しましょう。

05
不具合のある服は手放す

・ボタンが取れてる
・穴が空いている
・裾がほつれている
・汚れてしまっている

など、物理的に不具合が生じている服は、
すぐに直してでも着てください。

すぐに直すことができずに、
放置してあるならば、手放しましょう。

現状、直して着なくても、
他の服で不自由なく生活できているはずです。

まとめ

1,手放す=捨てる(ゴミ)ではない

2,全て、着て、見て、判断する

31年着ていないモノ(1年選ばれていないモノ)を手放す

4,思い出はモノで残さずに記憶とデジタルデータで残す

5,不具合のある服は手放す

モノがそんなになくても、豊かな暮らしをおくれるはずですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

<お知らせ>

HANDの公式アプリができました。

ダウンロードしてくれた人だけに届くお知らせなどもしていくので、
ぜひダウンロードしてくださいね。

App Store
https://itunes.apple.com/jp/app/id1364988093
Google Play
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.appcapsule.ac4600464001

Have A Nice Day