整理収納

千種図書館でやましたひでこさんの「断捨離」を借りてきました

断捨離したらこんなにミニマルに

@handsan_meです。こんにちは。

断捨離の生みの親

ミニマリストを目指すうえで避けては通れない人?やましたひでこさん。断捨離という言葉の生みの親です。

やましたさんは「クラター・コンサルタント」という肩書きを名乗っておられます。

クラター=ガラクタ。

ガラクタを整理するというところからつけられたようです。ちなみに、日本では唯一のクラター・コンサルタントだそうです。

断捨離とは
ただ捨てることではない

様々な書籍を読んでみて、みなさんが書いていることには共通点があります。

断捨離も、ミニマリストも、つまるところ、自分にとって本当に必要な物だけを持って暮らすこと。これにつきます。

そして、これを追求していく先に、自分自身の本当に求めている、物、事、生活、人間関係。これら全てのことが芋づる式に導き出される。

そういうことなんだと思います。

断捨離とは
片づけない片づけ方

こう本の中には書かれています。

断捨離をしていると、いわゆる「部屋の片づけ」の必要がなくなります。なぜなら、むやみにモノは堆積せず、常に必要なモノだけが循環しているだけだからです。

自分のモノと向き合い、今必要なモノを見極める作業。

これには凄く時間がかかると思うのですが、地道にやっていきたいと、心の底から感じています。

Have A Nice Day