整理収納

部屋が綺麗だと朝起きた時が気持ちいい3つの理由

部屋がキレイで気持ちがいい朝

@handsan_meですこんにちは。

部屋がキレイだと
早く起きる

最近は歳のせいか、はたまた早く寝ているからか、6時には目が覚めます。

朝起きて、リビングへ向かう。机の上も床の上も物がなく、綺麗な空間だと、とても気持ちがいいので、ここに書きます。

01
起きた瞬間に
深呼吸したくなる

部屋が綺麗だと、空気も綺麗。

  1. 実際に物が出ていない
  2. 掃除もゆき届いている
  3. ホコリも少ない

こんな感じで、比例する部分が少なからずある。深呼吸したくなるその間隔は、やっぱり間違っていない。

02
光が綺麗で
気持ちが良い

同じ部屋でも綺麗な部屋と汚い部屋を見比べると、光の入り方が違うと思いませんか?

物理的に影になる部分が多いとか、そういう話もありますが、気持ち的な面が大きいのかもしれません。

とにかく光が綺麗で、ああ今日も朝を迎えられた、ありがとう。みたいな自然に「いいひと」みたいな感覚になれる気がします。

03
朝のコーヒーが美味い

朝一には白湯を飲みます。その後モーニングコーヒーが飲みたくなりますよね。

これも部屋が綺麗で心にゆとりがある時の方が、美味しく感じる傾向にあります。むしろ、部屋が汚いと「まず掃除しなきゃ」的な感覚が先にきて、コーヒーを飲むところにまで至らないこともあります。

美味しいコーヒーが飲みたければ部屋を綺麗にして眠ることが重要なのだと思うのです。

まとめ

部屋の片付けは、できる限りその日のうちに終わらせる。

翌朝、気持ちよく空気を一杯吸い込んで、光を沢山浴びて、ゆっくりとコーヒーを飲む。(さらに言えば、ゆとりをもって読書する)こんな朝を毎日続けられたら、幸せだな。と思えますね。

よし、もっと物を減らして、毎日綺麗な空間をつくるぞ。

Have A Nice Day

あわせて読みたい
「早起きを習慣に」朝スッキリ目覚める3つのコツ @handsan_me ですこんにちは。 早く起きることを身につければ、人生は今までよりも何倍も豊かになる。そんな風に...