ミニマリズム

宣言!ミニマリストへ再び挑む

@handsan_meですこんにちは。

ミニマリストへの道は険しい山を登り続けるような感覚だ

ミニマリストを目指すと宣言しながら、日々の忙しさに忙殺され、なかなか物が減らないどころか、部屋が以前より汚くなっている、、、。このままではまずいと感じております。ミニマリストを目指すには、1にも2にも3にも4にも、目の前にある物と毎回対峙し、いるかいらないかの判断をし続ける。捨てられない僕からすると、なかなかに険しい道のりです。

片づけにも、なかなか進まない辛いタイミングが来る

最初は、明らかにいらない物や、使わずに押し入れの中にしまってあった物など、手放しやすい物が沢山出てくる。そのため、物が減っている感覚、少しずつ部屋がスッキリしていく感覚を味わうことができる。しかし、まだ使えるかも?これはもったいないな。などなど、なかなか判断がしづらいものばかりになってくると、途端に進みが鈍くなる。停滞期間である。山登りでもマラソンでも、辛いタイミングがあると思うのです。まさにそれ。ここを頑張って乗り越えないかぎり、ゴールにたどり着けないのです。

自分なりの乗り越え方とこれから

僕は、本の影響を受けやすいという自分の性質があるので、とにかく片づけるといいよ!とか、片づけると人生が変わる!とかっている本を読むようにしている。そうすると、よしやろう!となるわけです。

来週も片づけしよ。片づけ=物を減らす(家の中から物を出す)ことなので、売ったり、あげたり、捨てたりして、とにかく来週も反復作業を繰り返します!!目指せミニマリスト。